// //
list

子どもの口臭予防方法(鼻炎ではない場合の原因と症状、治療法、予防のための改善点)

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供だから口臭はないものだとついつい思いがちですが、実際に子供と接していると、口が臭いなと感じてしまうことがあります。子供の口臭は、ほとんどの場合そのままにしておいても心配はありません。

しかし、口臭が長く続いてしまう場合や、あまりにもキツイ口臭がする場合は注意した方がよいようです。

子どもの口臭予防方法(鼻炎ではない場合の原因と症状、治療法、予防のための改善点)

口臭の原因は、大人も子供も同じです

そもそも口臭はなぜ起こってしまうのでしょうか。
口の中の唾液の量が減り、乾燥すると雑菌が繁殖してしまうために口臭は起こるのです。

唾液が減ってしまう原因の代表的なものは口呼吸です。
眠っている時、通常私たちは鼻で呼吸をするのですが、鼻づまりなど鼻に何らかの症状がある時には、口で呼吸をしてしまいます。

口呼吸は、口の中の乾燥を招き、唾液が減少することで口臭を引き起こしてしまうのです。

口呼吸の改善にはおしゃぶりを

特に子供の場合、口呼吸の習慣がついてしまうと、鼻で呼吸することを忘れてしまいます。口呼吸から鼻呼吸に改善するには、一定期間おしゃぶりをくわえて過ごすようにしてみるとよいと言われています。

鼻炎などの鼻の症状がないのに、口臭が気になるという場合は、虫歯が原因かもしれません。歯だけではなく、歯肉にも何らかの影響が出ている可能性もあるかもしれません。

良く食べる習慣を身につけよう

子供の口臭の原因は、どこからきているのかは子供の様子を少し観察してみましょう。鼻炎などで鼻がつまっていることで口呼吸になっていないか。

歯はキレイな状態かどうか。虫歯などはできていないか。

まずは良く噛んで食べる習慣をつけるようにしましょう。どの症状も該当しないという場合は、歯並びが原因かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick