// //
list

歯ブラシを使った歯磨きだけでは足りないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の歯磨きはどのように行っていますか?ごく一般的な方法は、歯ブラシと歯磨き粉を使うものだと思います。歯磨きは、どんなに毎日欠かさず行ったとしてもその方法が正しくなければ、虫歯だけではなく様々な症状が起こってしまうと言われています。

歯ブラシを使った歯磨きだけでは足りないこと

知覚過敏の症状はありませんか?

例えば磨きすぎによる知覚過敏は過剰に力を入れて行うことによって起こってしまう残念な症状の代表例といえるのではないでしょうか。まずは、歯磨きは歯ブラシだけを使えば全ての歯がキレイになるという当たり前の意識は捨ててみることをおすすめします。

私たちが当たり前に行っている歯磨きでは、60%程度しか汚れを落とすことしかできないと言われています。

歯磨きに力は不要。

歯に蓄積される歯垢は、力を入れずに軽くかきだすようにする方がキレイに落とすことができるそうです。歯ブラシでは落としきることがどうしてもできない部分には、歯間ブラシがお勧めです。

歯間ブラシは、歯と歯の間の汚れを簡単にかきだすことができるので、必要以上に力を入れる必要もなく短時間で汚れをキレイにすることも可能です。

歯の形状に合わせたグッズを使用

今は、歯磨きのためのグッズが沢山販売されています。
歯ブラシは、柔らかい素材のものから硬い素材のもの、その形状のもバリエーションがありどれがいいのか迷ってしまいますが、柔らかい素材のもので歯をひとつひとつ磨くことのできる形状のものを使うとよいですね。

また、歯間ブラシもいくつか試して自分の歯間にピッタリくるものを見つけるようにするとよいと思います。口の中自体をキレイにするために舌専用のブラシも販売されています。

歯磨きには、歯ブラシと歯磨き粉があれば充分という意識は捨てて、歯に適した歯磨きグッズを数種類使いこなすようにするとよいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick