list

アトピーになりやすい人の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

アトピーは、かゆみの伴う湿疹を繰り返してしまうもののことをいいます。
赤ちゃんのうちに発症し、成長とともに症状は改善するのが一般的でしたが、最近では大人になってからアトピーを発症する人が増えているようです。

見た目の問題だけではなく、とても強いかゆみを伴うため想像以上に辛いものです。

アトピーになりやすい人の特徴

アトピーになりやすい人の特徴

アトピーになりやすい人の特徴は、両親のどちらかに何らかのアレルギー症状を持っている場合です。
その他にも、もともとIgE抗体というアレルギーに深い関係のある免疫物質を作りやすい体質の人がなりやすいと言われています。

また、免疫力が足りないというのではなく、過剰に反応することによってアトピーの症状を起こしてしまうと言われています。

お肌の乾燥によるバリア機能の低下も危険

アトピーを発症してしまう原因は、もともとアレルギー体質ということの他にも皮膚が乾燥しやすくバリア機能が低下している状態の場合が多いです。
バリア機能が低下している時には、ダニやほこりなどのアレルギーの原因ともなる物質が体の中に入り込みアトピーの症状を発症してしまいます。

アトピーを発症してしまったら、アレルギーの症状を抑えるような薬を服用したり、塗り薬を塗るなどして症状を緩和していく治療を行います。
しかし、アトピーそのものの根本的な治療方法ではなく、あくまでも対処療法のため、またすぐにアトピーの症状が現れてしまうことも少なくありません。

アトピーを改善するには

正常な免疫力の働きを起こすような生活を心がけることが大切だと言われています。そのためには、過度なストレスや疲労をためることなく、規則正しい生活を心がけるようにすることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick