// //
list

赤ちゃんの包茎処理は出産後に行うべき?海外と国内の事例まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

包茎と聞くとあまりいいイメージはありませんが、生まれた時はみんな包茎です。成長の段階で徐々に皮がむけてきますが、これについてもいろいろな考え方があるようです。

赤ちゃんの包茎処理は出産後に行うべき?海外と国内の事例まとめ

赤ちゃんの包茎処理について

男の子を持つ親御さんは、皆赤ちゃんのオチンチンをどうするか?悩むと言います。というのも生まれた時はみんな包茎で、成長するにつれて変化するので特に何かをする必要はありませんが、このまま一生包茎だったらどうしようと考えてしまうようです。日本でも各家庭による違いはありますが、どうしていいかわからない場合は病院で相談してみるのもいいと思います。

海外の包茎処理について

日本では自然に任せるのが一般的ですが、海外ではまた事情が変わってきます。例えばアメリカの場合は、赤ちゃんのうちに医師による割礼といって、麻酔をして皮を切除するのが一般的だそうです。また国によっては宗教上の理由で割礼をする事もあると言います。

割礼のメリットデメリット

確かに衛生面を考えたら割礼をするのもメリットになる部分はありますが、多くの場合は時間の経過や成長の過程で自然にむけてきます。アメリカでは一般的となっていましたが、中には割礼に反対する人もいるといいます。

これに関しては各家庭での考え方もあると思います。さすがに赤ちゃん本人には気持ちを聞けないので、家族同士や医師とよく相談した上で決めていくのが一番だと思います。

ちなみに、もしも割礼をする場合は早い方がいいとも言われています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick