// //
list

A型B型O型AB型、血液型によって太りやすい特徴が違うって本当!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

血液型によって実はダイエットの方法が異なっているそうです。血液型の違いによって、日本では性格診断ができるというようにも言われていますが、このダイエットの方法が違うというのはアメリカの医師が発表したものですね。ここでは簡単に血液型ダイエットについて書いていきます。

A型B型O型AB型、血液型によって太りやすい特徴が違う!?

そもそも血液型の違いでどうしてダイエットにも違いが出てくるの?

現在、最もなじみのある血液型の分類はABO式と呼ばれるものですよね。
この内、最初に登場した血液型はすべての元になったO型になります。O型は狩猟民族であり、肉を多く食べていた人たちに共通する血液型です。

次に登場したのが農耕民族タイプのA型です。A型の次に登場したのはB型であり、彼らは遊牧民であったことから乳製品を多く食べております。最後にAB型が登場したのですが、これはA型とB型の特徴を併せ持っていると考えて良いでしょう。

血液型によって何を食べれば体質にあうのかが違ってくるの?

上でも書いたように基本的に血液型によって、その人の体質にあう食べ物というものが存在しています。つまり、O型の人の場合は狩猟民族であったことから肉類を中心に、A型は農耕民族であったことから穀物類を中心に、B型の人は遊牧民であったことから乳製品を中心とした食生活を送ってきたと考えられるのです。

ですので、それぞれの食生活をそれにあわせることで、ダイエットしやすくなるというのが血液型ダイエットの要諦だと言えます。

血液型によって太りやすい食べ物ってあるのだろうか?

先ほど書いた血液型によって向いている食べ物と反対に、向いていない食べ物というものも存在しています。それは歴史的に見て、どんなものを口にしてきたのかで変わってくると考えて良いでしょう。O型の場合は乳製品、A型の場合は肉類が、B型の場合は穀物類が苦手というようにじゃんけんのような図式になっていると思って間違いありません。
また、すべての血液型の共通して野菜は摂取しやすい食べ物のようですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick