list

精神症候における意識の異常 朦朧状態・せん妄・アメンチア

このエントリーをはてなブックマークに追加

精神症候には様々な状態があり、その状態を把握しておくことは非常に重要なことであると言っても良いでしょう。ここでは代表的な3つの状態を紹介してみます。

精神症候における意識の異常 朦朧状態・せん妄・アメンチア

朦朧状態ってどんな状態になってしまうことを指すの?

朦朧状態というのは意識変容の中では代表的なものですね。意識が不確かな状態になっていることをそう呼ぶのですが、正しく世界を認識できているとは限らないのが朦朧状態の特徴ですね。

ある程度の認識はできますが、誤認をしてしまったり、錯覚してしまうことが多いことから、その場ではそぐわないことをしてしまう状態であると言っても良いでしょう。時に衝動的な暴力をふるってしまうこともありますし、別の人格になってしまう解離症状を引き起こすこともあります。

せん妄ってどういう状態のことを指しているの?

朦朧とあわせて意識変容では代表的な状態がせん妄ですね。
せん妄とは意識が混濁してしまう部分に関しては、朦朧状態と同じ状態であると言っても良いですが、これに加えて幻覚を見たり、錯覚を引き起こしてしまうのが特徴になります。

通常は対症療法によって対策がとられるのですが、せん妄を起こしてしまうと自分がどこにいるのか、といったことも解らなくなってしまうそうです。

アメンチアってどんな状態のことを指しているの?

アメンチアというのは意識障害の1つとされています。意識が混濁してしまうことに加えて、支離滅裂なことを考えてしまって考えが散乱するのが特徴であり、アメンチアを起こした本人は困惑しているような状態になってしまうそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick