// //
list

精神症候における自我意識の異常 離人体験・作為体験

このエントリーをはてなブックマークに追加

精神症候には様々な症状があるのですが、その1つが自我意識の異常です。
自我意識の異常と一口に言っても様々なものがあるので、ここでは代表的なものを紹介してみます。

精神症候における自我意識の異常 離人体験・作為体験

離人体験ってどんな症状のことを指しているの?

離人体験とは自分の身体や精神から離れてしまって、あたかも自分自身の意識が傍観者のように感じる体験のことですね。一般的に幽体離脱などといった状態が離人体験に近いものがあると考えると解りやすいかもしれません。
不安やパニックなどのような感情から起こるものであるとも言われていますが、その体験の仕方については個人差がとても大きいようですね。

作為体験ってどんな症状のことを指しているの?

作為体験とは、自分の考えていることや行動そのものが他人からの指示ではないかと感じてしまう体験のことですね。自分の意志で行っているはずなのに、なにかさせられているといったような感覚がつきまとうのが特徴だと言えますね。
統合失調症に良く見られる症状で、この作為体験があれば逆に統合失調症であるかもと疑うこともできるのです。

自我意識の異常が見られた時にはどうすれば良いの?

基本的に自我意識の異常が起こったと感じた時にはすぐにでも専門の病院に足を運んで医師と話をするようにしてください。治療に関しては一般的には投薬によるものとなりますが、すぐに効果が出るものでもないので、じっくりとした治療期間をとる必要があります。
時には、入院をしなくてはいけないというようなケースもあるので、できるだけ異常を感じたら、早めに医師の診断をうけるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick