list

精神分析 ユングの見解を日常生活で役立てる!3つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

フロイトとならぶ精神分析の権威として知られるのがユングですね。
ユングはフロイトの弟子でもあり、親友的な立ち位置だったのですが、ある時意見の相違によってケンカ別れをしてしまう人物です。

このユングもまた日常生活に役立つことを色々と考えた人で、3つのことを紹介してみます。

精神分析 ユングの見解を日常生活で役立てる!3つの方法

深層心理学を知ることでユングの考え方を知ろう

精神分析という方法を師匠のフロイトが考えたのであれば、ユングは深層心理学というものを考え出したといっても過言ではありません。
簡単に書いてしまうと、人間の意識の奥底には深い部分が存在しており、それが日常生活において大きな影響をもたらしているといったものですね。

その中でも一般的に浸透しているのがコンプレックスという考え方になります。
一般的には劣等感などとも言われますが、これを知ることによって前向きに生きることができると言って良いでしょう。

ユングの深層心理学を知ることで得られるコンプレックスの種類

2つめの紹介になりますが、これはコンプレックスについてもう少し詳しく書いて説明します。
コンプレックスと言っても様々なものがあり、その原因となっていることを的確に読み解くことによって、自分の悩みを解消することができ、日常生活にも役立てることができるでしょう。

代表的なものを幾つか紹介すると、父親コンプレックス、母親コンプレックス、救世主コンプレックス、などのようなものがあります。

深層心理を知ることで日常生活に役立てることができる3つめのこと

結論を書いてしまうと、ユングにとっては深層心理とは人間の根本的な情動に影響を与えるといったものです。
ですので、自分にとって欠点だなと思っていることにも何らかの原因があり、その原因を取り除くことによって、新しく切り開かれた人生を送れるのではないかと考えています。

ですので、日常生活において自分の欠点をきちんと認識することは非常に重要なことだと言って良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick