list

境界性人格障害の原因、治療法、対処法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間には人格というものがあり、人それぞれに性格が異なっていると言っても良いでしょう。
しかし、そうした人格が不安定になってしまうという疾患もあるのです。代表的なものが、境界性人格障害というものですね。

境界性人格障害の原因、治療法、対処法について

境界性人格障害ってどんな疾患ことをいうの?

境界性人格障害とは、簡単に書いてしまうと感情がきわめて不安定であり、物事を二元論でとらえてしまいがちな傾向が強い人のことを指します。ただし、そうした性格の人全員が境界性人格障害であるとは限らないことが、この疾患の難しいものだと考えて良いでしょう。境界性人格障害は一般的に神経症と統合失調の2つの狭間にある病気とも呼ばれており、そのことから境界性という名前がついています。

境界性人格障害になってしまう原因ってどんなものがあるの?

先に結論を書いてしまうと、境界性人格障害の原因は解明されていません。
しかし、大まかなところでは育ってきた家庭環境や、両親からの遺伝であるといったものが影響するそうですね。境界性人格障害になりやすい性格として産まれてしまうこともあるのですが、家庭環境についてはかなり重要視されていると言って良いでしょう。

境界性人格障害になった時の改善方法とはどうすれば良いの?

一般的に境界性人格障害の治療方法としては薬物療法が用いられます。
ただし、薬物療法だけでは改善するのは難しく、心理療法なども併用して行われることも少なくありません。向精神薬であったり、抗うつ剤、抗不安剤などが投与されることになり、医師との対話によって治療を行うことになるのが特徴ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick