list

燃え尽き症候群の原因、治療法、対処法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

精神疾患には様々なものがあります。うつ病などは世間一般にも知られてきましたが、他にも多くのモノがあります。ここでは燃え尽き症候群について考えてみましょう。

燃え尽き症候群の原因、治療法、対処法について

燃え尽き症候群ってどんな疾患のことなの?

燃え尽き症候群とは突然やる気やモチベーションが保てなくなってしまうことを指しています。燃え尽き症候群を起こしてしまう前まではやる気に溢れており、進んで仕事を行うなどしていたのですが、いつのまにかその仕事に対して情熱がなくなったりすることで、最近では多くの人が発症するようになったようですね。

燃え尽き症候群の原因ってどんなものがあるの?

燃え尽き症候群を言い換えるのなら、緊張の糸が切れてしまったということです。やる気が空回りしてしまっていたり、いわゆるがんばり過ぎたという状態にあたるものだと考えて良いでしょう。

つまり、燃え尽き症候群になるということは、それだけ仕事や勉強に対して情熱を持っていたと言い換えても良いかもしれませんね。

燃え尽き症候群になった時はどう対処すれば良いの?

燃え尽き症候群になった時には、ともかく休暇をとることが重要ですね。がんばりすぎていたことから、精神的にも張り詰めてしまっていたりするので、そこから開放されるというのが良くとられる手法だと言えます。環境が問題となっているのなら、その環境を変えてみるというのも1つの手段ですし、自分に原因があるのならもう少し手を抜くということを覚えるようにしたいですね。

いずれにしても精神的な事柄に対するものでもあるので、まずは肉体的な疲労をとることが重要だと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick