list

空きの巣症候群の原因、治療法、対処法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

精神疾患の1つに空の巣症候群というものがあります。精神疾患も様々なものがあるのですが、空の巣症候群とはどんなものかを考えていきましょう。

空きの巣症候群の原因、治療法、対処法について

空の巣症候群ってどんな症状のことを指しているの?

空の巣症候群とはその名の通りに巣が空いてしまったことによって発症する疾患だと考えてください。具体的には子育てが終わり、子どもが独立してしまったお母さんなどに多いのですが、子どもの世話をする必要がなくなってしまったことから、不安や喪失感などを感じてしまい、うつ状態になってしまうことを指しています。

空の巣症候群ってどんな症状が出てしまうの?

空の巣症候群の症状としては、基本的にうつ病のようなものであると考えて良いでしょう。精神的には不安感や喪失感などを感じてしまったり、肉体的には食欲低下などに繋がってしまいます。この不安感を埋めるためにアルコール依存症となってしまう人も少なくないようですね。基本的に子育てに生きがいを感じていた人が陥りやすい疾患だと言っても良く、自分のことよりも子どもを優先させるといった良い母親をしていた人に多い疾患だと考えてください。

空の巣症候群になった時の対処法はどうすれば良いの?

空の巣症候群の場合、そこまで大きな症状に発展するといったことは少ないので、自分自身で心の安定をはかっていくことが重要です。
勿論、重いうつ状態になるなどすれば話は別ですが、家庭での治療をすることでも十分な対処ができます。この時に重要なのが、旦那さんとの会話ですね。

夫婦として長年過ごしてきた2人だからこそ分かち合えるものもあるはずなので、そこは忘れないようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick