list

赤ちゃんの夜泣きの原因、対処法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんを育てる上で辛いのが夜泣きですよね。特に新生児の時には2~3時間程くらいで起きてしまって、まともな睡眠がとれないという親御さんも少なくありません。ここでは夜泣きについて考えてみましょう。

赤ちゃんの夜泣きの原因、対処法について

そもそも夜泣きってなんで起こってしまうの?

夜泣きというのはそもそもどうして起こるのかという話ですが、すべての場合において1つのことが原因になっているものではありません。赤ちゃんとは言葉をしゃべれないのですから、自分のことを知らせるには泣くというしか方法がないのです。

ですので、空腹であったり、トイレをした後であったり、自分に起こっている不快な状況を知らせるために泣いていると考えて良いでしょう。

夜泣きが起こってしまった時の対処方はどうすれば良いの?

基本的に夜泣きの原因となるのが不快症状であるのなら、まずは赤ちゃんの泣いている原因を取り除いてあげるのが重要です。お腹が空いているのならミルクをあげる、トイレをしたのならおむつを変えてあげる、などのことで対応するようにしてください。

また、メンタル面が不安になって泣いているといったことも多く、そうした時は赤ちゃんに安心感を与えることがポイントになります。

夜泣きの回数を少なくするにはどうすれば良いの?

赤ちゃんというのは周囲の環境に敏感です。室内はしっかりと暗くして明かりが差し込んでこないようにしたり、なるべく静かにして過ごすようにしてください。この時に、イライラしてしまって怒ってしまうという人もいるかもしれませんが、なるべく冷静に赤ちゃんに対処してあげるのを忘れないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick