// //
list

紳士淑女の夜のルール「前戯の必要性」-

このエントリーをはてなブックマークに追加

パートナーとのセックスをする時に、疎かにしてしまいがちなのが前戯です。特に倦怠期ともなってくると、セックスそのものがおざなりになってしまうことも多く、前戯を軽視する男性も増えてきます。

しかし、前戯はとても重要なことなので、必ずきちんと行いたいですね。

紳士淑女の夜のルール「前戯の必要性」-

メンタル面で前戯によるメリットってどんなことがあるの?

セックスをする時にはお互いの気分を高めることが大切です。それはムードを作るといったことだけではなく、前戯にしても同じことであり、どれだけしっかり行うかがそのセックスの成否を決めると言っても過言ではありません。基本的に女性の場合は男性のようにすぐにスイッチが入るのではなく、ゆっくりとスイッチが入っていくので、前戯に時間をかけることはお互いのためでもあると言えるのです。

前戯による肉体面のメリットってどんなことがあるの?

セックスをした時に、痛いと言われる男性も多いはずです。これは女性がまだ充分に濡れていないのに、挿入をしてしまったから起こることがほとんどであり、男性側としても気持ちの良くないものでしょう。

ですので、お互いに心地よいセックスをするには、前戯は不可欠なものであり、しっかりと行うことで女性側としても男性を受け入れる準備を整えることができるのです。

前戯をする時の時間ってどのくらいがいいの?

前戯の必要性は上で書いた通りなのですが、だからと言って前戯ばかりをしていても意味がありません。程よいところで挿入しなくては、女性にしてもただしつこいだけと思われてしまいます。この前戯の時間ですが、個人差もあるので一概には言えないのですが、少なくとも15分程度は行った方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick