// //
list

白内障の原因、治療法、予防法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の病気の中でもよくあるのが白内障ですね。ここでは白内障について少し解説していきましょう。

白内障の原因、治療法、予防法について

白内障ってそもそもどんな病気なの?

白内障というのは、簡単に書いてしまうと目の中が濁ってしまって次第に見えにくくなってしまうという病気ですね。
目には水晶体というレンズのような役目をする部分があるのですが、この水晶体が加齢などによって白く濁ってしまうことで発症してしまうのが白内障ですね。

白内障になるとどんな症状が出てしまうの?

白内障の症状としては上でも書いたように視力が下がってしまって、見えにくくなるのが一般的ですね。
水晶体でもどこの部分が濁ってくるかによって、ある程度症状に違いは出てくるようですが、そこまで大きく変わることはありません。

目がかすむようになってきたり、外に出るとまぶしく感じてしまったりするのが白内障の代表的な症状となります。

白内障の原因と治療方法にはどうなっているの?

白内障の原因の多くは加齢で、個人差もあるのですがほとんどの人が年齢とともに水晶体が濁っていくと考えて良いでしょう。
この加齢が原因となる白内障に関しては老化現象の1つだという見方をすることもできますが、糖尿病などに罹ることで白内障ににた症状が出ることもあるそうですね。

白内障の治療としては、症状を食い止めるには手術をするしか方法はありませんが、点眼薬などを使うことで進行を遅らせることはできるので、医師と相談の上行うようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick