list

老人性難聴の原因、治療法、対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間、年齢を重ねると身体に色んな不調を訴えるものですよね。難聴というのもそんな老化現象の1つで、特に加齢による聴力の低下については老人性難聴と呼んでいます。
ここでは老人性難聴について解説してみます。

老人性難聴の原因、治療法、対処法

そもそも老人性難聴ってどんな病気なの?

老人性難聴というのは加齢によって聴力が低下するというのは上でも書いた通りですが、もう少し詳しくメカニズムを書いてみると、耳の中にある内耳蝸牛という細胞や血管に障害が起こることで発症するものですね。
内耳蝸牛に障害が起こってしまうことで、内耳への音の伝達が悪くなってしまって難聴という形になります。

老人性難聴の症状にはどんなものがあるの?

老人性難聴の症状としては音が聞こえにくくなるといったものですが、進行性の病気であることから、初期症状は比較的に軽いモノとなっています。
ですので気づいた時には、かなり聴力が奪われているということも少なくないようですね。

ただ音が聞こえなくなるというだけではなく、音は聞こえているけれど意味をなした言葉としては受け取ることができないなどのことも老人性難聴の特徴かもしれませんね。

老人性難聴を治療するにはどんな方法があるの?

老人性難聴の治療としては、一般的には薬物療法が用いられます。
しかし、薬物療法を用いたとしても効果があまり期待できないことも多く、治療は諦めてしまうという人も少なくありません。補聴器を使って、音を拾うようにするという人も多く、その辺りは医師と相談をして決めた方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick