// //
list

難聴の方へのコミュニケーションの取り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

難聴という聴覚に障害を持つ人とコミュニケーションをとるにはどうすれば良いのか解らないと言う人も多いはずです。老人になると耳が聞こえにくくなる人も多く、おじいちゃんやおばあちゃんに話しかけるのも大変という経験をしたことがある人も少なくありませんよね。

そこでここでは難聴の人とコミュニケーションをとるにはどうすれば良いのかといったことを考えてみます。

難聴の方へのコミュニケーションの取り方

コミュニケーションをとる上で必ずやっておきたいこと

難聴の人とコミュニケーションをとるという場合、手話をイメージする人も多いのですが、老人性難聴の場合ですと手話を使うまでもありません。基本的な事柄ですが、ゆっくりと大きく口を動かしながら話しかけてあげることで、充分にコミュニケーションをとることができます。
また、聞き取りやすいやすいようになるべく文章は短くして話しかけるようにすると良いでしょう。

補聴器をプレゼントするという方法もコミュニケーションの1つである

おじいちゃんやおばあちゃんの耳が遠くなってきたと感じたら、補聴器をプレゼントするというのも1つの方法ですね。最近では補聴器も目立たないものが増えてきていますし、性能も上がっているのでそれを利用するのも良いでしょう。

難聴の人とコミュニケーションをとる時の手話について

手話という方法で難聴の人とでもコミュニケーションをとることができます。そのためには手話を覚える必要はあるのですが、最低限のいくつか覚えておくだけでも随分と違ってきます。完全に覚えるまでは時間がかかるでしょうが、挨拶程度の手話を覚えておくというのも立派なコミュニケーション手段だと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick