list

目に良い食べものはブルーベーリ以外にもこんなにあった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ではデスクワークをすることが多く、目が疲れているといった人はとても沢山いますよね。そうした時に、良く利用されるのがブルーベリーなのですが、実はブルーベリー以外にも目に良いとされる食べ物はいっぱいあるので紹介してみます。

目に良い食べものはブルーベーリ以外にもこんなにあった!

そもそもブルーベリーが目に良いとされる理由はどこにあるの?

ブルーベリーが目に良いとされるのはアントシアニンが含まれているからですね。アントシアニンとは、ブルーベリーの渋味の成分でもあり、黒紫のような色になっているのは、この成分のせいだそうです。
ブルーベリー以外にもカシスなどに含まれており、ベリー系の食べ物には含まれるものだと考えて良いでしょう。

ブルーベリー以外にも効果のあるビタミンA

目に良い成分として有名なのがビタミンAですね。
目の粘膜を強くするといった効果を持っており、疲れ目やドライアイの予防に効果的だと言われています。ビタミンAを多く含む食材としては、にんじんやほうれん草といった緑黄色野菜が有名ですが、他にもレバーやうなぎなどにも多く含まれているので覚えておくと良いでしょう。

目に効果的な成分のもう1つはビタミンB

ビタミンBも目に効果のある成分として有名ですね。
特にビタミンB2は疲れ目に効果があるとされていますので、眼精疲労を感じている人は積極的に摂取するようにしたいところです。ビタミンBを多く含んでいるのは、豚肉が有名でしょうか。

他にもごまやレバーなどにも多く含まれるのですが、水溶性の性質を持っているのでその点もしっかりと考慮して調理してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick