// //
list

飛蚊症の原因、治療法、予防法

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の病気の中でも飛蚊症は比較的に知名度が高い症状ですね。ボクサーの人が飛蚊症になると、網膜剥離の危険性があるから引退することになるというのはあまりにも有名な話でしょう。
ここでは飛蚊症について考えてみます。

飛蚊症の原因、治療法、予防法

そもそも飛蚊症ってどんな病気なのか知っておきたい

飛蚊症とは目の前を黒いものが動いているように見えるという病気です。ちらちらとまるで虫がそこにいるかのように見えてしまうことから、飛蚊症という名称がつけられています。
一般的には黒っぽい影のようなものが見えるそうですが、時には白っぽく見えることなどもあり、個人差は大きいようですね。

飛蚊症の原因ってどんなことが考えられるの?

実は飛蚊症と言ってもその原因は様々です。
そこで大きく分けると、生理現象から起きてしまうもの、他の病気が原因となっているもの、加齢によるものの3つがあります。それぞれに簡単に説明すると、生理現象とは生まれつきであったり、視力が低下することなどで起こる飛蚊症のことですね。

他の疾患というのは、上でもかいた網膜剥離のようなケースになります。最後の加齢は年齢を重ねることで劣化してしまうことで起こると考えて良いでしょう。

飛蚊症の対策や治療はどうやって行うと良いの?

飛蚊症が発生してしまう原因の1つに活性酸素や紫外線といったものがあります。飛蚊症対策をするのであれば、活性酸素を体内に発生しないように抗酸化作用のあるものを食べたりするのも効果的でしょう。
また、治療に関しては基本的には完全に治療するのは難しいようですね。他の病気が原因となっているケースであれば、その病気を治療することは近道ですが、他の原因に関しては完治することはないと考えて良いでしょう。

ちなみにセルフチェックを記載しておくので、簡易的な判断をしてもらえれば嬉しいです。
・ゴミのようなものが視界にうつることがある

・ストレスを感じていることが多い
・目の周辺に衝撃を受けたことがある

・生まれつきゴミのようなものが視界にある

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick