list

膀胱腫瘍症の原因、治療法、予防法

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の身体とは不思議なもので、健康であっても腫瘍ができてしまうこともあります。この腫瘍ができた時に悪性か良性かでがんかどうかが別れるそうですね。
ここでは膀胱腫瘍についてスポットをあててみます。

膀胱腫瘍症の原因、治療法、予防法

膀胱腫瘍っていったいどんな病気?

膀胱腫瘍とは膀胱内に腫瘍ができた状態のことですね。
ちなみに膀胱がんの場合、膀胱の経皮部分にできると言われていますが、あまり発症率は高くありません。40歳以上の男性で、年間1万に1人程度の割合なので、そこまで大きく気にするものではないでしょう。

ただし、化学薬品を扱っている人の場合は膀胱がんの発生リスクが高まるとも言われています。

膀胱腫瘍ができる原因にはどんなものがあるの?

膀胱腫瘍ができてしまうリスクを高めるものとしては、喫煙や化学物質をあげることができます。上でも少し触れた通りに化学物質を扱う職業の人は膀胱腫瘍をわずらってしまう可能性が高くなっていますし、喫煙をする人にも同じことが言えます。
治療としては切除してしまうケースであったり、抗がん剤などを使った薬物療法などが一般的ですね。

膀胱腫瘍ができた時のセルフチェックを用意してみた

幾つか代表的なことをまとめておいたので、何かしら心当たりがあればすぐにでも医師に相談してください。

・最近、血尿がでることがある

・排尿をする時に痛みを感じてしまう

・おしっこをする回数が増えてしまった

・下腹が痛むことがある

・下腹部に違和感が残ることがある

これらの症状を感じたら、少なくとも尿検査は受けるようにしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

Editor's pick