list

肥満遺伝子について

このエントリーをはてなブックマークに追加

太るにもいくつかの原因がありますが、そうなってしまう運命を抱えて生まれてくる人もいます。
運命というと少し大げさに聞こえるかもしれませんが、実際に肥満は遺伝する場合もあります。

肥満遺伝子について

肥満の原因

親が太っている、いわゆる肥満体型の場合は子供も太りやすくなります。家族なので食事や生活習慣が同じだからというのも理由ですが、これ以外に考えられる物としては、肥満遺伝子を受け継いでいる場合です。
基本的に遺伝子は生まれつきの物なので、後から変化する事はないと言われています。肥満遺伝子を持っている人は、脂肪をため込みやすいので太るリスクも高くなります。

肥満は治療できるの?

肥満遺伝子を受け継いでいるからといっても、全てが遺伝子のせいとも言い切れません。確かに普通の人よりは太りやすいものの、太る原因のほとんどは食事や生活習慣が関係しているからです。

しかし中には肥満遺伝子のせいで、普通の人よりも少食なのに太ってしまう事もあります。このように遺伝子病が原因の肥満は治療も可能となっています。

肥満の治療について

肥満遺伝子が原因で太ってしまいなかなか痩せられない場合は、肥満遺伝子診断をします。実は肥満遺伝子にもいくつか種類があって、種類毎に治療方法も変わってきます。遺伝子を検査すれば、その人に合った肥満治療が可能となります。

薬を服用し脂肪の吸収を抑えるといった治療の他には、通常のダイエットと同じく食事のカロリー管理や運動管理も取り入れていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick