list

単一遺伝子病について

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の種類にもいろいろありますが、その原因が遺伝子の場合もあります。
遺伝なので親から子へ受け継がれてしまうのも要因ですが、必ずしも親からの受け継ぐとも限りません。

単一遺伝子病について

単一遺伝子病とは

遺伝病の中には、単一遺伝子病と呼ばれるものもあります。
これは親からは正常な遺伝子を受け継いでいるのにも関わらず、遺伝子の突然変異により病気になる事もあります。単一遺伝子病というのは1つの遺伝子が異常を起こし発症する病気の事です。

両親のどちらにも原因がある場合は優性遺伝、両親のどちらかに原因がある場合は劣性遺伝となります。

単一遺伝子病の治療について

単一遺伝子病は遺伝子の一つに異常が見られる病気ですが、治療も可能となっています。病気の種類によっても違いはありますが、この治療の原理としては異常の遺伝子の細胞内に正常な遺伝子の細胞を入れ遺伝子を正常な状態に戻すという方法です。
もう一つの方法としては、異常が見られる遺伝子の機能を停止させる方法があります。

単一遺伝子病治療の効果

単一遺伝子病になる確率は極めて低いと言われていますが、単一遺伝子病治療は実際に医療の現場にも取り入れられており、効果も確認されています。
しかし症例は少ないので、全ての単一遺伝子病の治療法までは届いていません。

医療の進歩は目覚しいと言われているように、現在も新しい治療方法が確立されつつあるので近い将来、更なる治療法の確立は期待できるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

Editor's pick