list

気になる癌抑制遺伝子について

このエントリーをはてなブックマークに追加

癌になるにも必ず原因はありますが、これは遺伝子とも大きく関係しています。
実は誰でも癌になるリスクを持っているのをご存知でしたか?

癌の原因には生活環境やストレス、食事など様々な物がありますが、多くの人は常に癌になるリスクにさらされています。

気になる癌抑制遺伝子について

癌抑制遺伝子について

癌になるのは細胞が何らかの原因で傷つき癌化してしまうからです。しかしどの人も癌抑制遺伝子を持っているので、細胞がダメージを受けても癌抑制遺伝子が癌化するのを防いでくれています。
癌抑制遺伝子にも種類がありますが、遺伝子が突然変異を起こし癌抑制遺伝子でも対応しきれない場合は、癌を発症する事もあります。

癌遺伝子治療

遺伝子の突然変異で癌が発症すると当然のように癌になりますが、遺伝子治療でこれを治療する事もできるようになっています。一般的な癌治療は抗癌剤や放射線治療ですが、これにはかなり強い副作用が起こります。
しかし遺伝子治療の場合は、癌化した細胞だけにピンポイントに対処できるので、副作用のリスクも大幅に軽減できます。

細胞をコントロールするという事

癌抑制遺伝子には細胞をコントロールする働きもありますが、それに対応しきれない突然変異には、遺伝子治療で対処します。異常のある細胞内に正常な細胞を取り入れる方法ですが、これも細胞をコントロールするという意味では同じです。
今までの癌治療は正常な細胞をも傷つけていましたが、今は異常のある細胞を選んで治療ができるようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

Editor's pick