// //
list

妊娠中に起こりやすい4つの口内トラブルまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と思われるかもしれませんが、妊婦さんは歯の病気なったり、口内のトラブルにあったりしやすいです。今回は妊娠中に起こりやすい歯の病気や口内トラブルの代表的な4つのものについてご紹介します。

妊娠中に起こりやすい4つの口内トラブルまとめ

口内炎ができる

妊娠によるホルモンバランスが低下、また、栄養不足により口内炎ができやすくなります。お腹に赤ちゃんがいるため薬による治療が難しい病気でもあります。この場合ははちみつを口内炎の患部に塗ることをおすすめします。はちみつの殺菌作用や鎮痛作用によって炎症が鎮まります。なお、はちみつをそのまま塗ると痛い場合がありますので、水でうすめるなどして調整してみてください。

口臭が発生する

妊娠中は唾液が減り、口が乾燥することにより口臭が発生することがあります。そうならないためにも「水分をいつもよりも多くとる」「ガムを食べる」などをし、意識的に唾液を分泌されるよう努めましょう。

虫歯になる

乾燥した口は、虫歯の原因菌が活動しやすい環境です。また、妊娠中はつわりもひどく歯磨きすらもおっくうになるもので虫歯ができやすくなります。

たしかに、歯磨きはおっくうですが、調子がいいときに丁寧に行うようにしましょう。

妊娠性歯肉炎になる

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増え、少しの食べ残しでも普段より歯ぐきの炎症を引き起こしやすくなります。放置していると、歯茎を通り越して歯の根元の骨までも傷んでしまう歯周病にもなりかねません。

虫歯のときと同様、歯みがきを徹底しましょう。

元気な赤ちゃんを生むために、口内ケアを

お口のトラブルはストレスがたまりやすいものです。妊娠しても口内ケアを怠らず、元気な赤ちゃんを産めるように努めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick