// //
list

子どもの虫歯を予防する「シーラント」ってどんな治療?

このエントリーをはてなブックマークに追加

お子さんの虫歯に困っていませんか?
・「歯がいたい!」とぐずって、きかない
・ひどい虫歯だったのでセラミック歯に。お金がかかった
・治療のときにつきそわなければいけないので大変

その予定外は「シーラント」によって改善できるかもしれません。今回は歯医者で簡単にできる歯科予防「シーラント」についてご紹介します。

子どもの虫歯を予防する「シーラント」ってどんな治療?

虫歯になりやすい歯の溝うめる治療法

シーラントとは、簡単にいってしまえば「歯の溝」を埋める虫歯の予防法です。虫歯って歯の表面よりも歯の溝の部分の方がなりやすいですよね。それもそのはず。歯の溝の方が汚れが溜まりやすく虫歯菌にとっては活動しやすい環境だからです。シーラントはその虫歯になりやすい歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、虫歯を発生させないようにしようとするものなのです。

1本あたり数百円でできる

気になるのは値段ですよね。
なんと、シーラントは保険が適用されます。すると1本あたり数百円で治療ができます。

一方、虫歯になってしまった場合はどうでしょう。ひどい虫歯の場合、保険適用でも1万円、それにきれいなセラミック歯をつけようとすると4,5万程度見積もらなければいけなくなります。

もちろん、シーラントはあくまでも予防なので虫歯になることもあります。

しかしながら、虫歯による予定外というリスクを数百円で減らすことができるならば安い出費ではないでしょうか。なお、保険が適用されない場合もある(その場合でも1本1000円、2000円の話)ので、シーラントを行う際は保険が適用されるか、否かを歯医者さんに聞いてみましょう。

親子でできるシーラント

シーラントは少ない費用で大きな虫歯予防の効果が期待できます。ちなみに、30歳ぐらいまでであれば(加齢による歯のすり減りが少なく)シーラントの効果を実感しやすいかもしれません。

これを機に親子でシーラントをしてみるのもいいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick