// //
list

白く輝く歯でいたい。黒ずんだ歯のケアあれこれ

このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい笑顔には、白く輝くきれいな歯がよく似合います。しかし何のケアもしていないと、日常の汚れから歯はだんだんと黒ずんできてしまいます。 そんな時考えるのが、歯を白くするための方法。歯科でも専門の治療をしてくれますし、家でも簡単にケアできるやり方があります。そのいくつかをご紹介します。

白く輝く歯でいたい。黒ずんだ歯のケアあれこれ

黒ずみの原因とは

歯の黒ずみの原因はいくつかありますが、日常生活からの影響で代表的なのは、たばこのヤニであったり、コーヒーや紅茶などの色素、赤ワインに含まれるタンニンが歯に付着することです。毎日の歯磨きでは、一度付着したこれらの汚れを落とすのはなかなか難しいもの。そこで黒ずみケアが必要となるわけですが、どのようなことが行われるのでしょうか?

歯科で行う黒ずみ治療

歯科のケアでは通常、歯についた歯垢(プラーク)を除去するためのクリーニングを行います。しかしそれでも除去しきれない黒ずみに対しては、黒ずみ除去に効果のある成分の粒子を吹き付けて掃除する「エアフロー」や、薬剤を使った「ホワイトニング」、また「セラミック」という歯を削る治療方法が取られることもあります。

家でするなら、重曹ケア

歯医者まで行くのはちょっとおおげさかな・・という人には、家で手軽にできるケアもありますよ。その一つとして効果があるといわれているのが、重曹を使うもの。毎日ケアする場合は、水に溶かした重曹水で口をゆすぐ程度がおすすすめ。

虫歯予防にもつながります。またどうしても直接歯磨き粉として使いたい場合は、ハッカ油やグリセリンなどと混ぜてペースト状にするのがおすすめです。これは歯への刺激が強いので、週に1~3回までにとどめましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick