// //
list

あなたは大丈夫?気になる靴のにおい対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋冬ファッションのマストアイテムといえばブーツ。例年可愛いアイテムが登場して、おしゃれに敏感な女性には欠かせません。
しかしその反面、悩みとなるのが「足のにおい」。

外出時はまだいいものの、人の家に靴を脱いで上がる時など、においが気になってはお呼ばれを楽しむこともできません。そんな気になるブーツのにおいの原因と、その対処法をお教えいたします。

あなたは大丈夫?気になるフ?ーツのにおい対処法

どうしてブーツってにおうの・・・?

そもそもなぜブーツはにおいやすいのでしょうか?
ブーツのにおいの原因、それは主に靴内で繁殖する細菌です。細菌は温度と湿度の高いところを好むもの。その点ブーツの中は通気性が悪く、体温によって温度も上昇するので細菌が増えやすい環境なのです。また足はとても汗をかきやすい場所であり、角質などのゴミが付着して細菌の増えやすい部位。においを対策するためには、これらの原因を取り除く必要があります。

対策はとにかく細菌を増やさないこと!

基本的なことですが、においを防ぐにはまず足を清潔にすること。
お風呂に入った時には、足の指の間までしっかりとよく洗うこと。

そして足の角質ケアをする、爪を切るなど細菌が付着しにくい状態にすることが肝心です。また消臭効果のあるストッキングを履いたり、消臭用の足指スプレーを使うことも効果的でしょう。また一度履いたブーツは通気性のよい場所で乾かし、続けて履かないことなどがポイントといえます。

裏技的!こんな方法も効果あり

殺菌作用のあるものとして、きれいな10円玉を靴の中に入れておくのも効果があるといわれています。
また緑茶やコーヒーの出し殻をガーゼに包んだものを入れておいたり、重曹を振り入れて掃除するのもいいといわれています。お試しあれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick