list

皮下脂肪と内蔵脂肪って、何が違うの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康や美容の大敵といえば「脂肪」。よく耳にするのが「皮下脂肪」と「内蔵脂肪」という区別ですが、その違いをご存知ですか?気になる両者の特徴と、その減らし方のポイントなどをお伝えします。

皮下脂肪と内蔵脂肪って、何が違うの?

見た目でわかるのが皮下脂肪

お腹まわりなど、手でむぎゅっとつかむことのできるお肉がある人、このつまめる部分が皮下脂肪です。すぐ目に見えるので、身体につくとわかりやすい脂肪でもあります。一方で、体内の内蔵周辺につくのが内蔵脂肪です。

これは見た目にはついていることがわかりにくく、検査などで判明することも少なくありません。ホルモンの関係上、一般的に皮下脂肪は女性に多く、内蔵脂肪は男性に多いといわれています。

隠れ肥満の人は内蔵脂肪が多め!

皮下脂肪は長期の貯蔵に向いている脂肪で、内蔵脂肪は代謝に使われやすく、燃焼されやすい脂肪であるといわれています。

しかし、病気のリスクが高いのは内蔵脂肪。見た目でわかりやすい皮下脂肪とは違って、内蔵脂肪は脂肪がついているのがわかりにくいため、知らず知らずの内に糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因に。“隠れ肥満”といわれるのがこの内蔵脂肪がついた状態です。

両者の気になる落とし方は?

内蔵脂肪の減少には有酸素運動が効果的。また最近よく耳にする「炭水化物抜き」ダイエットなども内蔵脂肪燃焼には効果があるといわれています。一方、皮下脂肪は、有酸素運動と筋トレを一緒にやるのが効果的とか。またお風呂に入ったり、マッサージをするのもおすすめですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick