// //
list

海に行く前に食べておきたい!生理を遅らせる食べ物?

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にとってつらい(負担がかかるという意味で)体の現象といえば、やはり「生理」でしょう。温泉や海に行くこともままなりませんし、せっかくの遠出や休日も楽しくなくなってしまうかもしれません。

海に行く前に食べておきたい!生理を遅らせる食べ物?

生理の仕組み

生理は卵巣から分泌されるホルモン2種類(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が減少し、子宮内膜から剥脱することで出血する現象です。妊娠によりそのホルモンの減少がなくなることで剥脱はなくなります。つまり妊娠をしていなくとも、このホルモンを与えてあげることで、生理は遅らせることが可能です。

その遅らせる方法とは?

お医者さんに聞くと、やはりピルが最も安全で確実な方法と提案されます。ホルモンのバランスを意図的に調整することで、生理を遅らせることができます。しかし最近話題になっているのが、このホルモンバランスに影響するといわれる「大豆イソフラボン」の存在です。インターネット上では豆乳飲料やデザートを継続的に摂取したところ、生理が遅れた、という報告が相次いでいます。摂取する量も様々で、朝一杯の豆乳飲料だけだったとか、美容のため意識して豆乳を摂取しているという人もいるようです。

豆乳は美容にもよいけど…。

いかがでしょうか、「大豆イソフラボン」の効果。ただ、これはあくまでホルモンバランスに変化を与える可能性がある、という内容なので、生理を「遅らせる」ということが目的ではありません。またストレスにより狂うことがあることからもわかる通り、本来的には遅らせる目的で摂取するものではありません。美容にもよい豆乳ですが、摂取のしすぎにはご注意を。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick