// //
list

喉のイガイガは冬の乾燥か?原因!加湿器だけじゃない乾燥対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

空気が乾燥して注意したいことといえばやはりお肌のケア。冬は他の季節に比べてケアを気にされる方も多くなる季節です。寒くなれば暖房を使うことにもなりますから、より湿度の調整には注意したいですね。

喉のイガイガは冬の乾燥か?原因!加湿器だけじゃない乾燥対策

空気の乾燥は危険がいっぱい

まずは火災の危険。本当にこれは危険です。タバコを吸う方なんかは特に注意してください。そしてタバコつながりでいえば、やっぱり喉や肺への影響も、乾燥した空気は危険なんです。空気中の水分はいろいろな役割をしています。その一つがウイルスやホコリ、花粉を吸い込みにくくする効果です。ウイルスやホコリも水分を含むと重くなり空気中に舞いにくくなるため、体に吸い込まれにくくなります。

また空気が乾燥すると鼻やのどの粘液が乾きやすくなり、外敵から守る機能が弱まってしまいます。肺も乾燥した空気を直接吸い込む場所ですから、咳の原因にもなります。

誰でも簡単。乾燥への対策方法

・濡れタオルを干してみる
冬は外に洗濯物が干しにくい季節でもあります。女性であれば基本部屋干しの方がほとんどでしょう。それが実は空気の乾燥を防ぐ効果を持っているんです。

・霧吹きを使う
入れっぱなしにしている水は雑菌が繁殖してしまっている場合があるので注意が必要ですが、簡単にできそうです。

・お湯を沸かす、お湯を張ったボウルを置く
お風呂なんかの湯気も加湿効果が高いですが、それで一度火災報知機が反応したことありました(幸いにも大事には至りませんでしたが)。適度な湯量が効果的です。

もちろん、加湿器があるならそれを使うのが確実です。湿度は上がりすぎても結露やカビの原因にもなりますからね。でも今手元にないのなら、まずはご紹介した方法をお試しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick