// //
list

便秘かしら?赤ちゃんのためにお母さん知っておきたい3つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんは、自分が思っていることや考えていることを言葉にすることができません。楽しい時に笑う姿はとてもかわいいですが、辛いことがあったりしても泣くことしかできませんから、赤ちゃんの体調の変化には、いつも気を配る必要がありますよね。

便秘かしら?赤ちゃんのためにお母さん知っておきたい3つのこと

もともと個人差があるもの

そういえばあの子はうんちを1日に何回もする子だったけど、この子は2日に1回しかしない…、なんてこともあります。もともと排便の頻度には個人差があり、それだけで便秘かもしれない、と思うのはちょっと早いです。赤ちゃんがうんちをするとき、表情やしぐさでわかることがありますが、その状況をよく観察してみましょう。うんちをするときに苦しそうな表情をする、排便のときに肛門が切れてしまうくらいの硬さがあるなど、便秘の場合はやはり赤ちゃんも苦しいのです。

うんちが出なくなる原因と対処法3つのこと

うんちが出なくなる原因は様々です。理由と気を付けることを知っていれば、いざというとき役に立ちます。

・運動不足
大人と同じように腸の動きにより排便をしています。意識的ではもちろんなくても、身体を動かすことでこの腸を動かす筋力アップにつながります。

・食事
腸が敏感で未成熟な時期は、いつもと食べるものが変わっただけでうんちが出にくくなることがあります。母乳の場合お母さんが食べる食事にも影響されるので、食物繊維などを多く含む食事も有効な場合があります。

・心の面
生活リズムが変わったり、赤ちゃんがストレスを感じるような生活は腸の動きを鈍らせる原因にもなります。食事、睡眠、リラックス時間、大人とはもちろん違いますが、生活リズムを安定させるように、お母さんやお父さんが協力してあげてください。

ご紹介した通り個人差があるものですから、他の子や兄弟とペースが違うからといってあわてる必要はありません。まずは今の赤ちゃんの状況をよく観察することから始めてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick