list

ゲップやガスが頻繁にでる!それは呑気症のサインかも!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

食事の直後や、炭酸飲料を飲んだ後にゲップやガスが出てしまう事はよくありますが、仕事中や人と会話している最中なのに頻繁にゲップやガスが出る人は呑気症の可能性があります。

ゲップやガスが頻繁にでる!それは呑気症のサインかも!?

呑気症ってなに?

呑気症というのは、何らかの原因で人よりも多く空気を飲み飲んでしまう人に起こる症状です。誰でも食事の時には多少の空気を飲み込むので、ゲップが出るのも自然な事です。

しかし呑気症の人は飲み込む空気の量が多いので、食道や胃腸に空気がたまってしまいます。これによりゲップやガスが出やすくなります。

呑気症になりやすい人

食事をする時にかき込むように早食いをする人、口呼吸をする人、飲み物を毎回すするように飲むのも必要以上に空気が入ってしまうので、こういう人は呑気症になりやすい傾向があります。

ストレスも呑気症の原因になる事が分かっていて、ストレスを受けた時無意識に緊張してしまい、つばを飲み込む時に空気も一緒に飲み込むからです。ストレスが原因の場合は、逆流性胃腸炎なども併発しやすいので注意しましょう。

呑気症を治すには?

呑気症の人には必ず原因があるので、原因をはっきりさせておきましょう。自己判断で胃腸薬やガス用の薬を飲んでも解決しませんので食べるのが早い人は、できるだけ意識してゆっくり食べましょう。

何回噛んだら飲み込むというように、ルールを作ると実践しやすくなります。ストレスは解消するのも難しい事ですが、できるだけリラックスできるよう心がけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick