// //
list

冬のお風呂に注意!「ヒートショック」のリスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると急増するヒートショックは、年齢に関係なく誰にでも起こる可能性はあります。
高齢者は特にヒートショックのダメージが大きくなりやすいので注意しましょう。

冬のお風呂に注意!「ヒートショック」のリスク

ヒートショックとは?

ヒートショックというのは、急激な温度差により血圧の上昇と下降が大きく変化し、その負担が血管や心臓にダメージを与える症状です。
ダメージが大きいほど命にも影響してきますし、冬場になると多くの高齢者がヒートショックが原因となる心筋梗塞や脳梗塞で命を落としています。

入浴時に起こりやすいので、冬場のお風呂は注意が必要です。

冬場のお風呂で注意すべき事

冬場のお風呂は体が温まりとても気持ちがいいものですが、部屋の温度、脱衣所の温度、お風呂場の温度とお湯の温度には注意してください。
暖かい部屋から急に寒い脱衣場に行き急いでお風呂に入る、冬場によくある光景ですし、思い当たる人もいると思いますが、これはヒートショックの一番の原因です。脱衣所はお風呂に入る少し前に温めておき、お風呂場も蓋を開けるなどして浴室を温めておきます。

正しいお風呂の入り方

冬は寒いのでお風呂の温度を高く設定しがちですが、高すぎるのも体に負担をかけます。またヒートショックの原因にもなるので、お風呂の温度にも注意してください。まず脱衣所と浴室を温めておき、急に熱いお湯をかけたり湯船に飛び込まず、手足、足腰、体というように徐々にかけ湯で慣らします。湯船に入る時にはいきなり全身を浸けずに、足から腰へとゆっくり入ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick