// //
list

暗いところで本を読むと視力が低下するって本当!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

夕方薄暗くなってくると、読書をしている時は部屋の電気を付けなさいと言われた人は多いはずです。おそらく理由は、暗がりで読書をすると目が悪くなるからと考えられていたからです。

暗いところで本を読むと視力が低下するって本当!?

暗いところでの読書は視力を低下させるの?

多くの人が信じて疑わないと思いますが、最近では暗いところで読書をしても視力が低下する事はないと言われるようになっています。また暗いところでの読書が視力を低下させるという、医学的根拠も無いそうです。今までの常識とは正反対の考え方なので、少し戸惑ってしまいます。

暗がりでの読書が目に与える影響

薄暗い部屋で目を凝らして読書をすれば、目が疲れるのは事実です。読書をする時間にもよりますが、暗がりでの読書が視力を低下させるという医学的根拠は無いにしても、あえて暗がりで読書をするのはおすすめできません。

読書は文字を目で追いますが、部屋の明かりを付けずにペンライトやテーブルランプを使えば少しは見えやすくなります。しかし焦点を合わせようと目を酷使するので、どうしても読書をしたい場合は時間を決めるのがいいと思います。

目をいたわるケアも必要

読書が好きな人はつい夢中になるので、目を酷使してしまいます。読書をする時はその間中同じ姿勢をとり続ける事も多いので、肩や首もこってきます。ここに眼精疲労が加わると、頭痛が起きやすいので目を休ませ、目元を温めたり目薬で栄養補給で目のケアをしてください。目に良いと言われるサプリメントも取り入れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick