// //
list

あるある!?湯気を吸うとムセてしまう原因とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

湯気を吸い込んでしまってむせる、というのは誰しもが一度は経験したことですよね。

ラーメンやうどんといった麺類なんかは特に起こりやすいです。この湯気を吸い込むことでむせるというのは、いったいどうして起こるのかについて考えてみましょう。

あるある!?湯気を吸うとムセてしまう原因とは

そもそもむせるってどういうことなの?

湯気でむせることの原因を考える前に、まず最初にむせるとはどういうことか理解しておく必要があります。端的に書いてしまうと、むせるのは身体の防衛機能だと考えてください。人間の喉は口から少し進んだ部分で2つに分かれています。食べ物を胃へと送る食道と、吸い込んだ空気を肺へと送る気道ですね。

むせるというのは、気道に異物が入ってきた時に起こります。何故かと言うと、気道から送られるのは空気だけだからですね。それ以外のものが肺に入ってしまうのは、望ましくありません。

ですので、異物が侵入しようとした時には、むせることで異物を押し戻そうとしているのです。

湯気でむせてしまうのって結局はなにが悪いの?

上で書いたように肺へ異物が入ることを防ぐのがむせるという行為です。つまり、湯気でもむせてしまうというのは、湯気が異物であるということに他なりません。

そもそも湯気は気体になった水分な訳ですから、むせてしまうのは当然のことだと言えますね。成長するにつれて、むせなくなるように学習をしていくものですが、良くむせると言うのなら食べ方を変えた方が良いかもしれませんね。

他にむせてしまう原因ってあるの?

勿論、食べ方が悪いというだけではなく、もともと気道が敏感だという人もいて、ある程度の個人差が存在します。しかし、むせ方が酷い場合ですと喘息といった可能性もあるので、注意はしておくべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick