list

ヨーグルトを食べているとインフルエンザになりにくいって本当!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽に乳酸菌がとれることから人気の高い食べ物であるヨーグルトは、朝食や夕食でのデザートとして食べる人も多いはずですよね。そんなヨーグルトですが、実はインフルエンザにかかりにくくなるということが解ったそうですので、詳しく解説してみましょう。

ヨーグルトを食べているとインフルエンザになりにくいって本当!?

どんなヨーグルトでもインフルエンザ予防に効果があるの?

実はヨーグルトといってもインフルエンザの予防に効果があるのは、免疫機能がアップするものだけと考えられています。ですので、ヨーグルトに使われている乳酸菌が重要となってくるのですが、中でも免疫力アップに関係しているのがR-1乳酸菌というものですね。R-1乳酸菌を摂取することによって、乳酸菌の中でも高い免疫力のアップ効果があり、そのことからインフルエンザ予防に効果があるのではと考えられています。

ちなみにR-1乳酸菌が使われたヨーグルトは、普通にスーパーで購入することができるので、手軽に手に入れることが可能です。

どうして乳酸菌で免疫力がアップするの?

免疫機能というのは実は腸と深い関係があると考えられています。御存知のように腸には沢山の細菌がいて、その細菌が人間にとって良い働きをするのか、悪い働きをするのかで分けられており、腸内で良い働きをしてくれるのが乳酸菌です。

つまり、ヨーグルトを摂取することで乳酸菌を増やし、腸内環境を整えることができることから、免疫機能もアップするそうです。

R-1ヨーグルトを食べたら完全にインフルエンザを予防できるの?

残念ながら免疫力のアップだけでは完全にインフルエンザを予防できるとは言えません。あくまでもインフルエンザにかかるリスクを低減できるといった程度に考えておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Editor's pick