// //
list

男の子ならお母さん似?女の子ならお父さん似?子供の顔ってどっち似るの!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの顔というのは、男の子ならお母さんに、女の子ならお父さんに似ると良く言われています。
しかし、実際に産まれたお子さんの顔は、男の子であってもお父さんに似ていたり、女の子でもお母さんに似ていることが多いですよね。そこで子どもの顔について考えてみましょう。

男の子ならお母さん似?女の子ならお父さん似?子供の顔ってどっち似るの!?

そもそも子どもに親の特徴が遺伝するってどういうことなの?

お父さんの精子とお母さんの卵子が受精することで子どもは作られます。男性は遺伝子としてXY染色体、女性はXX染色体を持っていて、男性の精子にはX染色体を持つものと、Y染色体を持つものに分けることができます。女性の卵子はどちらにしてもX染色体なので、男性のX染色体とY染色体のどちらが受精するかによって、子どもの性別が決まるのです。
この時、お父さんとお母さんの遺伝子が半分ずつ混ざりあうことになりますよね。

ここで出てくるのが優性遺伝の法則です。

優性遺伝の法則っていったいどんなものなの?

優性遺伝の法則はメンデルの法則とも呼ばれており、中学生くらいで習った知識なので記憶に新しい人も多いかもしれません。遺伝子には優勢なものと劣勢のものがあり、どちらが発現しやすいかというと優勢遺伝子の方になります。
例えばですが、日本人の目ではきれいな二重よりも、一重の人が多いです。この場合、二重の方が優性遺伝ですので生まれてくる子どもは二重になる確率が高くなります。

結局どっちに似ているのかはわからないの?

遺伝子の発現というのは、ともかく上であげた優性遺伝の法則に従うことになるので、一概に男の子だからお母さんに似る、女の子だからお父さんに似るとは言えません。両親のどちらの優性遺伝子を発現させる形になるので、基本的には半分半分であると考えておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick