// //
list

子供は元気に外で遊ばせる!運動神経は何歳までにベースが決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもというのは可能性の塊ですよね。特に自分の子どもなら、色んな才能を伸ばしてあげたいと思うのは親心だと言えるでしょう。そんな子どもの能力の中で伸ばしてあげたいのが運動神経ですよね。この運動神経ですが、何歳までなら伸ばすことができるのかを考えてみます。

子供は元気に外で遊ばせる!運動神経は何歳までにベースが決まる

赤ちゃんの成長というのは3歳までが勝負なの?

良く赤ちゃんの成長は3歳までというようなことを言います。これはある意味では当たっているのですが、3歳までに吸収できるのは性格の決定だと言われているのです。勿論、赤ちゃんの頃から運動をさせるのは、血流が促進されることから色々な発達が良くなるのも事実なので、赤ちゃんを良く運動させるのは間違いではありません。赤ちゃんは身体を動かしたり、感情を発露させることで脳の神経回路を作っていくので、できるだけ楽しませてあげると良いでしょう。

親の運動神経って遺伝するものなのか知っておきたい

両親ともに運動神経が悪くて、運動が苦手だったというケースも珍しくありませんよね。そんな時、うちの子はどうせできないだろうからと決めつけてしまう親御さんも多いのですが、実は運動神経というのは遺伝するものではありません。
ですので、親御さんの運動神経とは関係なく、お子さんの才能を伸ばしてあげることはできるのです。

どうやって運動神経を伸ばすことができるの?

運動神経というのは簡単に書いてしまうと、脳と神経の結びつきのことです。この結びつきは上でも書いたように、やればやるだけ発達していくものなのでお子さんにはどんどん運動させるようにしていきましょう。運動神経については10歳までは大丈夫とされていますので、小さい内に色んなことを経験させてあげると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick