// //
list

不妊症に使う『漢方薬』の種類と効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんが欲しい、でもなかなか授からない、という悩みを持っている夫婦はたくさんいるようですが、漢方薬で不妊治療を行っている夫婦もいるようです。漢方薬と言えば西洋薬より効果が薄いと思われがちですが、そんなこともなく、逆に漢方のほうが体に優しく安全に治療できるとも言えるのです。

不妊症に使う『漢方薬』の種類と効果

漢方薬が有効な人

漢方薬が有効である人には特徴があり、原因不明の不妊症や生理不順、無月経、排卵障害、精子の運動量に問題があるなど、様々な原因を漢方薬で解決することができるのです。漢方薬局に一度足を運んでみるのも良いでしょう。

妊娠に有効な漢方薬とは

温経湯(ウンケイトウ)という漢方は女性向けになっており、冷え性で体力がない女性にぴったりの漢方薬です。冷えのぼせやしもやけにも効果があり、不妊治療の補助薬としても有名です。?帰調血飲第一加減 (キュウキチョウケツインダイイチカゲン)は月経不順や貧血、自律神経失調症などに用いられており、

自律神経が乱れて起こる排卵障害や精子の異常などに大変効果的だと言われています。

その他色々な漢方があります

妊娠しやすい体を漢方で作るのであれば、精や血の巡りを解消し、バランスを保つことによって改善することができます。そのバランスこそが、漢方薬で取ることができる方法なのです。西洋薬よりも副作用が少なく、妊娠を望んでいる女性でも男性でも気楽に飲める漢方薬は、人気がありますから、一度試してみるのも良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick