// //
list

妊活中の女性が控えるべき3つの食品

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活中には女性にとって控えたい食品というものがあり、それを控えることによって妊活もスムーズにいくことが多いと言われているものがあります。この食品たちは、妊娠してからもできるだけ控えたほうが良いとされる食品ですから、いずれプレママになった際に摂取しすぎないように注意しておいたほうがよいですね。

妊活中の女性が控えるべき3つの食品

カフェインを大量に飲む

カフェインは少ないなら問題はないと言われていますが、不妊症リスクを高める作用があります。また、妊娠中に1日200~300mgほどカフェイン摂取により流産の確率があがると言われています。

カフェインは珈琲だけに含まれている物ではありません、紅茶にも含まれ、烏龍茶にも入っていますから、成分表を確認してドリンクは飲むようにしましょう。

ウナギには要注意

ビタミンAが大量に含まれる食品は、妊娠初期、妊活の女性にとってはあまりオススメできない食べ物です。その代表格がウナギとなりますが、精力がついてよいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、ビタミンAの摂りすぎは胎児に悪影響をもたらすことが分かっているため、妊活中でも摂取を控えるようにしましょう。

ナチュラルチーズもNG

柔らかいナチュラルチーズは雑菌がつきやすく、子宮や胎盤に影響が出てきますから、妊活中には控えたほうが良い食品としてあげられています。加熱殺菌しているプロセスチーズは安全ですから、妊活中でチーズが食べたくなったときにはプロセスチーズを選ぶようにしましょう。

このほかにもにんじんやアイスクリーム、生肉やレバーなど、控えたい食品は多々あります。妊活中にしっかりこの控えたい食品を覚えておくと、いざ妊娠が発覚した際に慌てずに済みますから、是非この機会に勉強しておいて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick