list

お酒に強い人、お酒に弱い人は、いったい何が違うの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはお酒に強いほうですか?弱いほうですか?
ほんの少し飲んだだけで顔が赤くなってしまう人もいれば、どんなに飲んでも顔色1つ変えない「酒豪」と呼ばれる人もいます。

では、そもそもお酒に強い・弱いは、何が原因なのでしょうか?そのメカニズムをご紹介します。

お酒に強い人、お酒に弱い人は、いったい何が違うの?

お酒が分解されるメカニズム

アルコールが体内に入ると、身体の中の酵素がこれを「アセトアルデヒド」という成分に分解します。
そして、さらに別の酵素がアセトアルデヒドを酢酸に分解し、最終的には水と炭酸ガスになります。

このアセトアルデヒドは有毒な物質で、血中での濃度が上がると心拍数や呼吸数の増加、血管拡張などを引き起こします。

顔が赤くなる人は分解酵素が少なめ

お酒を飲むと皮膚が赤くなったり、心拍数が上がったり、頭がぼうっとしたり吐き気がしたり。
これらの症状はまさに「アセトアルデヒド」がもたらすものです。

つまり、お酒を飲むとすぐに赤くなる人は、アセトアルデヒドを分解する酵素が少ないということができるのです。アセトアルデヒトを分解する酵素の量は人によって決まっており、増やすことはできません。お酒が弱いということは、元々の体質によるものなのです。

お酒に強い人は分解酵素が多い!

反対にお酒に強い人は、この分解酵素の量が多い体質の人なのだということができます。酵素の量の差は、先天的なものが大きいといわれています。
また、肝臓の大きさや働きの活発さが、酵素の量に影響してきます。

一般的には女性よりも男性、高齢者よりも若者、また体格の大きい人のほうが、酵素の量が多くお酒に強いといわれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick