// //
list

待ちこがれた妊娠の兆候! 「着床出血」について知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんができるのを心待ちにしている人にとっては、妊娠のどんな些細なサインも見逃さずにキャッチしたいなと思うもの。
そんな妊娠の兆候の1つに「着床出血」というものがあります。これについて詳しくご紹介します。

待ちこがれた妊娠の兆候! 「着床出血」について知ろう

着床出血とは?

「着床出血」は、受精卵が子宮に着床する時に起こる、子宮内での出血のことです。
その原因は、受精卵の絨毛が着床時に子宮の壁を傷つけることだといわれています。しかし、その量はとても微量で、しかも出血が起こる確率は50人に1人とも100人に1人とも。

ですので、妊娠の兆候として万人に共通して起こるとは、必ずしもいえない状況があります。

通常の生理と見分けがしづらいことも

このように「着床出血」は妊娠のサインとしてはとてもわずかなものなので、通常の生理と判別しにくいのが現状です。
生理と違う点をいえば、出血の期間が短期間であり、またその量も生理に比べて少ないということでしょうか。

また通常の生理の1週間前に起こるので、時期がずれていておや?と感じる人もいるようです。また、おりものに血が混じる形で出血することもあります。

「着床出血」がわかる人は少数派

なお実際に出産経験のある女性でも、「着床出血」をきちんとそれと認識していた人は少数派のようです。普通の生理だと思っていたのに、よくよく調べてみたら実は妊娠していた、というパターンが多いようです。
実際に「着床出血」かどうかを見分けるのは難しいかもしれませんが、もしもこれはちょっと変だなという時期に生理が来たら、一度検査してみるのも良いかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick