// //
list

歯医者さんが教える短期集中治療 -保険診療と自由診療の違いについて(根の治療、歯周病治療)

このエントリーをはてなブックマークに追加

診療の選択肢、「保険診療」と「自由診療」では診療内容や回数に差が出ます。
それは、保険診療は日本の中においてなるべく安価で均質な医療を広く提供するためのルールにのっとって診療することが必要だからです。 一方、自由診療では、患者さまと診療所の合意の上で、保険診療のルールとは別のより新しい医療であったり、最善と思われる医療を提供することが出来ます。
診療の中でも回数がかかるとされている「根の治療」と「歯周病治療」を例に「保険診療」と「自由診療」の場合の違いをまとめます。

歯科医院で治療中のお医者さんと患者さん

【根の治療】:「保険診療」と「自由診療」の違い

根の治療:保険診療の場合

一般的に、保険治療の中では赤字部門と言われている治療です。手間や時間かかる上、消耗品も多く必要になります。
そういった原因より、その中でも、なるべく時間をかけずに一度の治療を終わらざるを得なかったり、理想と現実が交差する治療となってしまうことが多いのが一般的です。ですので、一度の時間を15~30分ほどで、何度もご来院いただく必要が多くなります

また、使用薬剤は、保険で決められたものしか使用できません。(現在の保険診療が開始されたのが昭和23年で、歯科の分野においては、その頃に指定されたままの薬剤などもあり、保険診療での指定薬剤の中には、ハウスシック症候群の原因を疑われるホルムアルデヒドが成分が含まれるものなどもあります。)

根の治療:自由診療の場合

保険診療で決められた方法や薬剤などではなく、世界的に見てエビデンスのある方法や、グローバルスタンダードな方法を取り入れることが出来るます。一人の患者様にかけられる時間も、使用薬剤も、保険診療に比べて制約が少ないので、少ない回数で再発の少ない治療方法をご提案することが出来ます。

【歯周病治療】:「保険診療」と「自由診療」の違い

歯周病は、歯の表面に付着した細菌(プラークや歯石)が、歯肉に触れることにより、歯肉が炎症を起こし、歯肉の炎症、続いて、歯槽骨(歯を支えている骨)が吸収(喪失してしまう)してしまう病気です。

病気の改善には、原因の細菌の除去、専門家の指導の下でご自身でのプラークコントロールの習得が不可欠となります。
現在では、歯石の原因になるプラークの堆積は、歯の表面に付着するバイオフィルムにより起こるとの見解もあり、歯石が付着するそもそもの前、バイオフィルムの除去を行うことが、現在、最も効果的な歯周病予防だと考えられています。

歯周病治療:保険診療の場合

歯周病治療では、地域によってルールが違うことがあります。
東京近郊では、歯石の除去をご希望の患者様がお見えになっても、一度で上下の歯石をお取りすることは、出来ない決まりになっています。

流れで申しますと、

【1】 歯周病の進行度合いの検査
【2】 上下を2回に分けて、歯石の除去を行う
【3】 歯周病の治り具合の検査
【4】1. 歯周病がもともとそれほど進行しておらず、病状の改善が見られた場合、こちらでひとまず終了となります。
 2. 歯周病の治りが悪いところは、ブロックに分けて、ポケットの中の歯石を小さな刃物を使って掻把します。
【5】ポケットの中の歯石を掻把した後、再度、歯周病の治り具合の検査を行います。
 1. 歯周病の改善が見られれば、ここでひとまず治療は一段落します。
 2. 歯周病の治りが悪いところは、外科治療の適応となります。

この中で、1月に一度、15分、衛生士によるプラークコントロールなどの指導をお受けいただけます。 また、2か月に一度、専門的な器具による歯の表面のクリーニングをお受けいただけます。

歯周病治療:自由診療の場合

自由診療では、保険診療のような制約がないため、まず、一度に上下の歯石の除去を行うことが出来ます
プラークの付着の原因となるバイオフィルムに着目したクリーニングを合わせることにより、歯周病の改善が、早くなる方法などもあります。

また、お一人の患者様にかかれる時間も、保険診療に比べて制約がありませんので、マイクロスコープを使用して、肉眼に比べて確実なポケットの中の歯石の除去を行うことが出来るので、外科治療を行わなくても、早期にポケットの改善がみられることが多いです。

どうしてもご自身でのプラークコントロールが難しい方には、患者様のご都合に合わせて、マメに専門的なクリーニングを受けていただくことが可能になりますので、歯肉に炎症が起きる前に(歯石やプラークによる炎症)、歯周病をコントロールすることが出来ます。
(※バイオフィルムの除去や、マイクロスコープを使用した歯周病治療は、取扱いのない診療室もあります。)

短期集中治療について総括

歯科における短期集中治療は、口の中の細菌由来の炎症を早期に治癒させることを目標にした治療です。

ですので、お忙しい方のみならず(当院では、海外在住の方の一時帰国中の治療、お仕事のスケジュールが忙しく、何度も通院できない方の治療、ご自分やご家族の結婚式前にお口元を綺麗に治しておかれたい方、などが多いです。)方、また、口おなかの細菌感染が原因で起こる、さまざまな病気(動脈硬化、心疾患、糖尿病の悪化など)や、早産、出産時の低体重児のリスクを低減されたい方にもおすすめできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者

奥羽大学歯学卒業後、東京、神奈川、大阪で院長、副院長を歴任。海外などでのインプラントトレーニングにも多数参加。日本ではまだ珍しい手術用顕微鏡を使いこなして診療を行える歯科医師の一人。

おすすめプロモーション記事

Editor's pick