// //
list

ママは気を付けて!寒いからといって赤ちゃんの厚着のさせすぎが危険なワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節に入ると、どうしてもママは赤ちゃんに厚着をさせたがり、風邪をひかせないようにと気を配りますよね。
しかしその気配りが赤ちゃんにとってよくないことだとは思ってもみないのでは?実は赤ちゃんは自身の体温が高いため、厚着すると服の中は真夏状態になってしまい、逆に汗をかいて風邪をひいたりするのです。冬場などは大人の格好のマイナス1枚で充分なのです。

寒いからといって赤ちゃんの厚着のさせすぎが危険なワケ

厚着しすぎると成長に遅れが?

秋冬にかけて産まれた赤ちゃんは冬に厚着させられすぎるとハイハイや寝返りが遅くなると言われていますから、赤ちゃんの発育にも関わってきます。赤ちゃんは汗っかきですから、頻繁に衣服を替えるようにして、なるべく薄着でエアコンなどで室温を調節して過ごさせるようにするのがベストなのです。

赤ちゃんのあせも

大量の汗をかいたり汚れを放置する、などしていると赤ちゃんでもあせもができてしまいます。 赤ちゃんに風邪をひかせないように厚着させすぎていると、いつの間にか汗びっしょりになってしまって、あせもができてしまう可能性があります。

そうなるとやっかいで、かゆいから赤ちゃんは泣きますし、泣くからママは寝られないし、大変なことになりますね。ですから赤ちゃんの厚着には気をつけましょう。

脱水症状が起こる

赤ちゃんにたくさん洋服を着せすぎると、熱が発生して脱水状態になることもあるのです。汗っかきな赤ちゃんは薄着でもうっすら汗をかくほどですから、厚着などさせれば即汗をかいて脱水状態に陥ってしまうのですから、厚着には注意が必要となるのです。また水分補給もしっかりさせることが必要ですし、厚着をするのであれば冬場外出する場合、上着を着える程度で良いと言えますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick