// //
list

痛いし不安!乳腺炎になってしまった時の症状と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳腺炎というものを知っていますか?ママであるなら一度は耳にしたことがある病名なのではないでしょうか。あるいは完全ミルクで育てたママはあまり聞きなれない用語かもしれませんね、この乳腺炎は母乳によるトラブルなのです。

では乳腺炎とは一体どのような症状で、解消法はあるのかどうか調べてみましょう。

痛いし不安!乳腺炎になってしまった時の症状と対処法

乳腺炎は高熱が出る

乳腺炎の初期症状として考えられるのは乳房の一部が赤かったり、しこりができていたり、赤ちゃんを抱っこしたりすると乳房が傷む感じがするのです。これが進行すると38度くらいの熱が出て、授乳するととても傷むということになりますから、赤ちゃんに母乳を与えることが難しくなります。

乳腺炎になりやすい人とは

乳腺炎になりやすい人は産後間もない、母乳の分泌量や赤ちゃんの飲める量がまだ安定していないママが多いようですね。母乳がたくさん出るのに赤ちゃんがなかなかそれに対応できないと、母乳が乳房内にたまり乳腺炎になると言われています。

産後1ヶ月2ヶ月は母乳の供給のバランスが難しいので食生活に気をつけて症状が酷くなってきたら助産師さんに相談することがベストでしょう。

自分で対処できる?

まずは冷やすことが一番で、高熱で病院へ行けない場合の臨時処置です。タオルに包んだ保冷剤や氷などで冷やすようにして、熱くなっている乳房を冷やすようにしましょう。また赤ちゃんに母乳を飲んでもらうことが最も良い対処法と言えますが、しこりをもむようにして飲んでもらうと良いでしょう。

しかし授乳する際に痛みが伴いますからそれは我慢してママは頑張って赤ちゃんにお乳を飲んでもらうようにして下さいね。そうして落ち着いたら助産師さんに相談する、もしくは病院へ行くようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick