// //
list

今年も寒そう!そんな寒い冬に熟睡する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷え性の人にとって、冬場寝付くことが大変なのは誰でも同じなのではないでしょうか?ベッドの中が冷たくてなかなか眠れない、あったまれない、という女性も多いようですね。寒い冬の晩、どうすればぐっすり朝まで熟睡できるのでしょうか?

今年も寒そう!そんな寒い冬に熟睡する方法

入浴で睡眠リズムを取る

まず寝る1時間くらい前にバスタイムを行い、ゆったり湯船につかって体を芯までぽかぽかに温めましょう。何故1時間前なのかという点がポイントなのですが、1時間もすると上昇した体温が徐々に下がってきます。人間は眠る場合、体温が1度下がった際に最も眠りに入りやすいというメカニズムを持っています。
ですから入眠1時間前に湯船で体を温めておくと、ベッドに入る際には1度体温が下がっているからすっと眠れるというわけですね。

手足を温めておく

ベッドに入る前に手足を充分温めておくことも大切で、末端冷え性などの女性などは特に手指、足先を温めておくことで冷たいベッドでもすんなり寝付くことができます。

ベッド自体を温めておく

人肌程度にベッドを温めておくと、安心してゆっくり眠りにつくことができますが、温めすぎると逆効果になりますから、湯たんぽなどを利用して適度な温度を保ちましょう。または電気毛布を利用しても良いですね。このように寒い冬でも快適に朝までぐっすり眠れる方法は色々あります。他にも色々な方法がありますから、自分が最も楽で実践できる方法を見つけて寒い冬を乗り切りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick