// //
list

ダイエット効果も!?座りっぱなしのデスクワークで気を付けたいポイントとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

デスクワークと言えば女性の事務職などはそうですし、男性でも営業でなければデスクワークが必要になってきます。立つ場合と言えば書類を取りに行く場合、提出する場合、コピーやファックスなどではないでしょうか。そんなデスクワークを主に仕事にしている人々は慢性的な運動不足になっている可能性が高いですよね。しかしデスクワークもちょっとしたことでダイエット効果が生まれるのです。試してみたいものですね。

ダイエット効果も!?座りっぱなしのデスクワークで気を付けたいポイントとは

太もも内側を鍛える

椅子に座ったまま膝をくっつけますが、この膝をくっつける段階ですでに苦しいと思う人もいるかもしれません。そのまま両方のふとももをぴったりくっつけて、キープしておきます。かなり太ももの内側の筋肉が鍛えられるはずですから、太もも痩せが期待できます。

椅子の高さ調節でダイエット!

椅子の位置が高すぎるとダイエット効果は薄れますから、姿勢を正して座った際にパソコンと目線が同じ高さになるよう調節しましょう。この姿勢をキープすればダイエット効果も高まるのです。

座っている間腹筋を鍛える

座っている状態のままお腹に力を入れてずっとキープしておくと、かなり腹筋が鍛えられます。下腹部のたるみも解消できますし、予防もできると言われていますから、是非試してみたいものですし、それにお腹に力を入れると背もたれが必要なくなりますから、まさに腹筋、背筋を鍛えることが出来るのです。このようにデスクワークでもある程度の運動量を得ることができることが分かりましたね。

あなたもデスクワーク中心の仕事をしているのであれば、それを活かしてダイエットをしてみるというのはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick