// //
list

目が悪くなるやりがちNG行為とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ではスマートフォンが主流になって、ゲームやアプリなどを楽しむ機会が増えてきました。特に若い男女にはスマホアプリは人気で、ゲームなどで課金したりして遊ぶことが多いようですね、しかしそんなスマートフォンの使い方1つとってみても視力低下を招く行為になっているのです。視力は低下すると基本的には元に戻りませんから、小さい頃から大切にしておきたいものですが、小さい子でも携帯を持っている時代、何をどう気をつければ良いのでしょうか。目が悪くなるNGな行為をピックアップしてみましょう。

目が悪くなるやりがちNG行為とは!?

寝ながらテレビ

自宅で寝転びながらパソコン画面やテレビ画面を見ていると、左右の目とテレビなどの距離が異なるため、どちらか片方の視力が落ちてしまう原因になります。

暗いところで本を読む

視力の低下は基本的には近くの見すぎで起こりますから、暗い場所だとどうしても見えないので近くで見ようとするあまり、それが近視の理由になってしまうんですね。

栄養が足りていない

また栄養不足も目が悪くなるNG行為です。偏食をすると目に必要なビタミンAやビタミンB12が不足して目が悪くなると言われていますし、ビタミンB1は目の神経伝達に必須のビタミンなので、ビタミンが足りない栄養不足の食事を続けていると目が悪くなるというわけです。またその他、スマートフォンの長時間の見すぎなども目が悪くなる原因の1つしてあげられていますから、あなたも当てはまるものがあるのであれば、そこから改善していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick