// //
list

繊細すぎて生きづらい!傷つきやすい!そんなあなたは「HPS」かも!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

HSPというものを知っていますか?繊細で傷つきやすい人のことで、生きていくのがしんどい、というような症状のことですが、生まれ持った性質で、この特性は全ての動物に当てはまると言われています。ですから人間も同じように生き辛いと感じることがあるのですが、それはなんら不思議なことではないのです。持って生まれた性質がそのまま表に出てきてしまっているわけですね。

繊細すぎて生きづらい!傷つきやすい!そんなあなたは「HPS」かも!?

5人に1人はHSP

日本人の5人に1人はHSPだと言われており、自尊心が低く感じて引きこもりがちになってしまったり、自分が悪いと思い込んで自分を傷つけてしまう「自傷行為」に走る人もいるのです。また世間が怖いものとして映るため、外出ができないという症状が現れる人もいるようです。

神経質や恥ずかしがりなど

HSPの人の特徴としては恥ずかしがりや神経質、弱虫や引っ込み思案などが上げられます。反応が過剰だと人からは見られるのですが、本人はそんな風には思っていません。

HSPを持っている人は想像力や共感性がある

この遺伝子特性を持っている人は、想像力に長けていたり、共感性があると言われていますから、人より想像や空想の世界が広がっている可能性が高いのです。ですから芸術面での評価は良いと言われています。本人は神経質で気を使いすぎて疲れてしまいますが、周囲からはよく気がきく人だなぁと見られているようですね。HSPは何も特別な病気ではありませんから、ありのままの自分を愛してあげましょう。

HSPによって自分自身あるいは他人に対して優しく、そして感受性豊かに育つことができますし、共感することでその人の悩みや思いを感じ取ることができますから、人よりももっと優しくなれるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

Editor's pick