// //
list

捨てないで!ダイエット効果もある「みかんの皮」の使い道

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、冬になるとこたつにみかん、という人は多いと思いますが、みかんの皮はどうしていますか?恐らく大勢の人はそのまま捨てていると思うのですが、みかんの皮はまだ捨てるには持ったいないもので、実は大いに皮だけでも活躍してくれるアイテムなんですよ。これを知っているとみかんを食べるたびに皮を使うことができますから、是非みかんを食べるたびに使ってみましょう。

捨てないで!ダイエット効果もある「みかんの皮」の使い道

お掃除に使う

柑橘系の爽やかな香りのもと、リモネンという成分は油汚れを分解する働きを持っていますから、市販の食器洗浄剤にも使われるほどの成分なのです。これを使って皮を水に15分ほどひたしておくと、自然の洗浄液が完成します。床掃除などに最適ですから、これで床を掃除すればピカピカになります。

みかん茶を飲むことも有効

茶漉しに乾燥したみかんの皮を入れ、お湯を注ぐだけで香り高いみかん茶の出来上がりで、このお茶は漢方薬と違い煮出す手間が必要ありませんから、お茶がわりに飲めば風邪予防や胃腸の働きをよくする作用を持っています。

ゆずではなくみかん入浴剤!

ゆず湯というものに皆さん冬至には入りますが、みかんの皮をそのまま湯船に浮かべてみかん風呂を楽しむこともできます。柑橘系に含まれるリモネンという成分がぽかぽかと体を芯まで温めてくれるのです。

このようにみかんには色々な作用があり、そのまま捨てるには勿体無いと言われており、さらにみかんの皮から出る汁は美肌に良いとも言われています。皮にもビタミンCがたっぷり含まれているみかんなので、その汁でパッティングなどすれば美肌、美白効果も得ることが出来るのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick