// //
list

ジャンクフードが不健康であるワケってそもそも何だろう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンクフードは体に悪いということは皆さん処置の事実だと思われますが、実際何故ジャンクフードは体に悪いのでしょうか?そこまで考えた人はいないのではないでしょうか。実はジャンクフードはタバコよりも危険であると国連が通達していることであり、事実のようなのです。

ジャンクフードが不健康であるワケってそもそも何だろう?

カロリーばかりではない

ジャンクフードと言えばカロリーが高いから肥満になる、と思われがちですが、そればかりではありません。ジャンクフードは毎日食べていると味覚がおかしくなってしまうという報告もあるのです。子供達の3割り程度が味覚障害を起こしていることが発見されていますから、ジャンクフードやジュースの摂りすぎにはくれぐれも気をつけなければなりません。

ジャンクフードを食べ続けると・・・

意思が弱ければジャンクフードから離れられないというジャンクフード依存というものもありますから、これは気をつけなければなりませんね。問題は背側前立腺というところにあり、この機能が低下した人はより高いカロリーの食事、ジャンクフードを食べたくなるということが研究で分かってきました。

ですからジャンクフードの食べすぎによることで子供達の味覚がおかしくなり、苦味や甘みを感じにくくなり、さらに症状として高いカロリーやジャンクフードをやめられないという依存まで起こってしまうため、ジャンクフードは体に悪いと言われているのです。

子供にはあまり食べさせないほうが

さらにジャンクフードの原材料であるビーフやパンが値下がりしたことにより、より一層ジャンクフードが食べやすくなっているのも原因の1つと考えられますから、子供にジャンクフードを食べさせる場合は、月に1回もいらないはずです。半年に1回程度でも充分だと考えられますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick